• 好きな場所で眠りにつくことができる散骨

    日本では火葬した後はお墓に遺骨を納める埋葬が一般的です。
    しかしながら、近年ではその他の葬送方法に対する注目も高まっています。

    好きな場所で眠りにつくことができる散骨は、埋葬を除く葬送方法の中でも需要が高いです。

    散骨は名前からわかるように、遺骨を撒いて行う葬送です。火葬まではお墓に納める場合と同じですが、火葬後に集めた遺骨は埋葬せずに海や山をはじめとした様々な場所に撒くことができます。



    自分が住んでいる地域や生まれた地域の海や山などで行うことがほとんどでしたが、最近では散骨できる場所も増えています。
    大気中に撒く方法や一部を宇宙に撒く方法なども出てきており、自分に合った好きな場所を選ぶことが可能です。

    散骨には他の葬送方法にはないメリットもあります。



    例えば自分がお墓に入った後面倒を見てくれる人がいない場合、骨を撒いてしまえばお墓の管理が不要となるため心配しなくて済みます。

    また、お墓の維持や管理にはいくらかの費用や時間が必要となってしまうので、面倒を見てくれる人がいたとしても家族の負担を減らしたいと考えている場合にも適しています。
    お墓以外で魂を休めることに抵抗がある方はまだまだ多いです。



    なかにはどうしてもお墓を守っていきたい人や夫婦や家族でお墓に入りたいと考えている人もいます。
    もし散骨による葬送を希望するのであれば、家族とよく話し合うことでお互いが納得のうえ骨を撒くかどうするか決定することをオススメします。