• 散骨が広まった理由 個人だけでできるのか

    • 散骨は墓石や納骨堂などの人工的な埋葬場所に遺骨を納めるのではなく、海や山といった自然環境に撒いて埋葬とするスタイルのことを言います。
      太古の昔の人類の埋葬、葬送に近い形ですが、ただ懐古的、原始の人々の考えに戻るというよりも、現代人の多様なライフスタイルや死に対する捉え方が散骨を選ぶように変化しているといった方が正確と言えます。



      その変化に大きく作用しているのがあまりにもシステマティックに料金体系を整えた葬儀業界、お寺などに対するアンチテーゼで、規模を小さく、戒名も不要といった家族葬に代表される小さなお葬式の普及と同じように海や山林、河などに自分の遺骨を撒いて欲しいという遺言も少しずつですが確実に増えているのです。しかしながら散骨を行うにあたっては遺族のみが関わって遂行、というわけにはなかなかいかず、撒く際の場所選びや散骨する遺骨の加工などはやはり専門の業者のサポートが必要となるのがほとんどとなります。これは故人の意志や遺族の気持ちというものは正直他人にはなかなか理解されないことが多いからで、人の生活の場が近いような場所では風評被害が発生したり、農業従事者、養殖業者などとのトラブルに発展することがあるからです。
      また遺骨も粉上に加工して撒かなければ遺骨遺棄罪に抵触してしまう可能性があり、こういったことをすべてクリアして故人を偲ぶにはプロに頼らざるを得ないと言えるのです。



      ただし一般的な葬儀に比べるとかなり安価であり、団塊の世代の高齢化が進む今後はさらなる需要の増加が予想されるのです。



  • 学ぼう行事の事

    • 散骨を望む人が増えている

      近頃のお墓は、大きい変化を迎えつつあります。都市の地域では墓地の区画が不足していることが深刻な問題となっており、遺骨を樹木の根元に埋葬する樹木葬や、遺骨を山や、海に散骨をすることを望む方が多くなってきています。...

  • 注目情報

  • 大人の常識・大事な行事の事

    • 遺灰に加工して散骨する必要性

      海洋葬とは、細かく砕いて粉末状にした遺骨を、大海原に散骨する方法で行われ、海洋葬専門の葬儀社に依頼して執り行われることが多くなっています。海洋葬の方法には、依頼した遺族だけで執り行うものや、幾つかの遺族が船に相乗りして執り行うもの、葬儀社が遺族に代行して執り行うものなどがあります。...

    • 散骨という新しい埋葬方法

      近頃の日本では、墓が足りなくなったり、お墓を承継する人がいなかったりする社会問題によって、お墓に対する悩みを抱えている人は多いです。価値観や、時代に伴った事情が変わったりすることによって、今の時代ならではといった墓地や、葬儀、納骨の方法が近頃は多くなってきています。...