• 散骨という新しい埋葬方法

    近頃の日本では、墓が足りなくなったり、お墓を承継する人がいなかったりする社会問題によって、お墓に対する悩みを抱えている人は多いです。



    価値観や、時代に伴った事情が変わったりすることによって、今の時代ならではといった墓地や、葬儀、納骨の方法が近頃は多くなってきています。


    散骨もその中の一つとなります。

    散骨は、遺骨を、粉末状の遺灰に加工して、山奥や、大海原、故人が思い出のある場所などに撒いて葬送するという方法のことで自然葬ということもあります。


    この葬送する方法については、故人の気持ちが尊重されるだけでなく、多くの一般的な、お墓と比べてみると、費用の負担が抑えられるというメリットもあるためか年々多くなってきています。散骨にまつわる法律には、刑法190条で定める死体遺棄罪と、墓地、埋葬等に関する法律がありますが、刑法190条で定める死体遺棄罪に当たるかどうかについて、法務省の非公式な見解では、節度を持ち行われる場合に限定されるものの、違法性はないとのことです。

    代表的な散骨の方法としては、樹木葬などが挙げられます。



    樹木葬は、墓地や、許可を墓地として得ている場所、霊園などの地中に遺骨を埋めて、樹木をその上に植え、墓標代わりにするという方法になります。


    樹木葬には、公園型と、里山型があり、公園型では、目印の樹木の周辺に遺骨を埋葬するという方法になります。



    里山型の方は、最も自然に近い状態で葬送する方法で、人が使いやすいように手入れをした霊園や、森林を墓地として埋葬する方法になります。