• 遺灰に加工して散骨する必要性

    海洋葬とは、細かく砕いて粉末状にした遺骨を、大海原に散骨する方法で行われ、海洋葬専門の葬儀社に依頼して執り行われることが多くなっています。
    海洋葬の方法には、依頼した遺族だけで執り行うものや、幾つかの遺族が船に相乗りして執り行うもの、葬儀社が遺族に代行して執り行うものなどがあります。


    散骨をするときには、基本的に必要な書類などはないですが、葬儀社によっては火葬証明書を提出することを求められることがあります。


    日本で行われる火葬は、遺骨がある程度形が残っている状態のまま遺族に引き渡されますが、それをそのまま海に散骨をしてしまうと、海面に浮いている状態のままで海岸にまで打ち上げられてしまうことがあります。



    作法の問題以外にも、遺骨を遺灰に加工することは、故人を自然に速やかに還すという意味もあるので、必ず遺骨は遺灰に加工する必要があります。

    散骨は、一部の遺骨を撒くケースと、全ての遺骨を撒くケースがあります。一部の遺骨を撒くときには、残った遺骨を、お墓に納骨する方法と、手元供養で身近なところに置いておく手元供養という方法を選ぶことができます。



    手元供養を選択する人たちの多くは、故人の身体の一部分である遺灰や、遺骨という存在は、仏壇の置いてある位牌よりも、もっと身近な存在に感じられるという理由で、この方法を選んでいます。



    火葬をして遺灰や、遺骨となっている状態ならば、手元に置いていても問題は特にありません。