• 散骨を望む人が増えている

    近頃のお墓は、大きい変化を迎えつつあります。

    都市の地域では墓地の区画が不足していることが深刻な問題となっており、遺骨を樹木の根元に埋葬する樹木葬や、遺骨を山や、海に散骨をすることを望む方が多くなってきています。

    自分の子どもや、孫に迷惑をかけたくないといった理由から、左程抵抗を感じることなく散骨を依頼する方が増えてきているというのが現状になります。


    散骨は、遺骨を砕いて細かくして、この粉状になった遺骨を墓地の区画以外の海や、山に撒く葬送の方法のことを指しています。



    樹木葬とは、遺骨を許可を墓地として得ている場所に埋葬して、樹木が墓標の代わりになる方法のことを指しています。

    樹木葬で遺骨を埋葬するときには、大まかに分類すると、個別に遺骨を埋葬する場合と、同一の区画に複数の故人の遺骨を埋葬する場合があります。



    個別に遺骨を埋葬するときには、故人1人に樹木を1本植える場合と、大きな樹木1本を植えてある区画それぞれに遺骨を埋葬する場合があります。

    故人それぞれに樹木を1本植える場合は、大きなスペースが必要になるので、対応できる墓地や、霊園はあまり多くありません。同一の区画に何体かの遺骨を埋葬するときには、1つの区画や骨壺に遺骨が混入している形で埋葬することになります。
    何体かの遺骨を同一の区画にまとめて埋葬するので、一旦埋葬すると特定の人の遺骨だけを取り出すことができなくなってしまいますが、個別に遺骨を埋葬するときよりも安い費用で埋葬できます。